夜明けのポンチョマン

さすらいさすらってながれてながされて

ほしのディスコのギャップと対象物への愛

クリープハイプ−栞/ THE FIRST TAKE ほしのディスコverという動画を観て度肝を抜かれ、一気に引き込まれました。

 

www.youtube.com


THE FIRST TAKEというのは最近、YouTubeで流行っている一発撮り形式の手法を使った歌唱動画です。

 


なんでこの動画に引き込まれたのか考えてみたら、それはほしのさんの意外性と対象物への愛なのではないかと感じました。

 


ほしのディスコさんがツッコミを務めるパーパーのネタは、ほしのさんがいつも情けない男の役を演じ、ボケのあいなぷぅさんに振り回されるという構図がとても多いです。

 


自分はそのコントがとても好きなのだけれど、それはほしのさんの人間性が色濃く反映されていてとても感情移入ができるからだと思っています。

 


ほしのさんを知る人の大半は、実生活でもそういう感じの人なのかなと思っているんじゃないかと思います。

 


この動画を再生する前に「まぁ芸人がやるパロディだから笑いの方向に走るんだろうな」と完全に思っていました。

 


歌ったらめちゃくちゃ音痴みたいな。

 


ほしのさんのキャラクターから推測するとそう考える方が自然のように思います。

 


でも実際にはこの動画はボケを一切排除して、最後まで本気で歌いきるというものでした。

  


音程を全く外すことなく、高い音程の曲にも関わらず原曲キーで歌い上げています。

 


こんなに上手だったのかと驚きましたが、それだけがこの動画に惹きつけられた理由ではありません。

 


歌が上手い芸人なんて大勢いて、チョコプラの長田さん、トレンディエンジェルの斉藤さんとあげたらキリがありません。

 


普段、なんだか頼りないなっていうイメージがあって実はめちゃくちゃ歌が上手い。

 


この意外性にまず惹かれました。

 


それだけでも十分魅力的なんだけど、それだけじゃこの魅力は言い表せない。

 


もう一つの惹かれた理由はほしのさんのクリープハイプという対象物への愛です。

 


三四郎オールナイトニッポン』で以前、小宮さんがトークの中でほしのさんのことに触れていました。

 


パーパー三四郎は同じマセキという事務所に所属していて、とても親交が深いです。

 


仕事のロケバスで一緒になった小宮さんとほしのさん。

 


ほしのさんの隣にはガサツで知られるさらば青春の光の森田さんが座ったそうです。

 


小宮さん曰く、弱々しく『へぇ』って顔をしていたそうです。

 


しかし、クリープハイプの曲を聴いている時はその『へぇ』っていう顔がなくなりキリッとした顔をしていたそうです。

 


そうです、ほしのさんは元々クリープハイプが大好きなんです。

 


このチャンネルは開設してまだ一週間ほどしか経っておらず、この動画は本格的にチャンネルの方向性を決定づける大切な一本でした。

 

 

YouTubeでバズることを優先して考えれば、今であれば話題の瑛人の『香水』を選曲する方がバズる可能性が高いと思います。

 


ですが安易にそれには乗らず、あえて一曲目にクリープハイプを選曲したってのがとても愛を感じるな〜と思いました。

 

歌い終わった後の嬉しそうに微笑んでいる表情がとてもいいですよね。

 

いかにこの曲が好きで大切に思っているかが伺えますね。

 


YouTube投稿を知らせるツイートにもとても愛を感じました。

 

 

 


意外性×対象物への愛ってこんなに心を震わす威力があるんだと気づかせてくれたとても素晴らしい動画でした。

 


ところで私はサウナと大衆酒場とラジオが大好きです。

 


とても若者の趣味とはいえないので20代前半の頃は趣味を答えると意外がられ、人からとても興味を持たれました。

 


自分の体験を思い返してもこの意外性×対象物への愛って人を動かすんだな〜と思いました。

 


しかし先日私も30代に突入し、この意外性という部分が薄らいでこれから人に言っても「へぇ、そうなんだ」で流されることが多くなっていくと思います。

 


自分が好きで、かつ意外性があることってなんだろう・・・と考えた時真っ先に思い浮かんだことがあります。

 


お化粧して綺麗になってみたい!!

 


あ、女性になりたいって意味ではなく、個人的にYouTubeの化粧動画でどんどん綺麗になっていく姿を見るのが好きなので。

 


自分、ガタイがよくて全く中性的な要素ないんで意外性は抜群でしょう。

 


ちょっとドンキの化粧品コーナーいってきます。