夜明けのポンチョマン

さすらいさすらってながれてながされて

マスター、いつもの

わたしは今、大人の階段を登ろうとしている。 

 

 

 

 

 

 

 

喉がつまり、だんだんと顔が赤くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉というのは不思議だ。

 

 

 

 

 

 

 

言葉使いひとつでその人の人となりがなんとなくわかる気がする。

 

 

 

 

 

 

 

あの人はなんかがさつそうで合わなそうだな・・

 

 

 

 

 

あの人はなんだかだらしがなさそうだな〜

 

 

 

 

あ、あの人は物腰が柔らかくていい人そうだ。話しかけてみよう!

 

 

 

 

 

 

 

言葉使いでその後の自分の動向を左右させるのだから言葉は偉大だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは地方住みだが、ほぼ方言は話さない。

 

 

 

 

 

 

 

別に移住してきたからとか、親が方言を使わないというわけではない。

 

 

 

 

 

生まれてこの方この地方から出たことはないし、わたし親も兄弟もばんばん方言を使っている。

 

 

 

 

 

意識して方言は使わないようにしているのだ。

 

 

 

 

 

土地土地によって違うが、潜入意識として方言は年配の人だったり、スクールカーストの上の方の方たちが使っていると刷り込まれている。

 

 

 

 

 

 

 

だからわたしには合わない、使ったとしても無理してる感が生じる。

 

 

 

 

 

 

 

中学生の頃、内気な自分を変えようと意識して方言を使ったことがある。

 

 

 

 

 

 

 

結果、これじゃない感が身体を包み顔が赤くなってすぐやめたのを覚えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、たまにいく何代も続く老舗の居酒屋に行った。

 

 

 

 

f:id:cobainyashi0815:20170624095430j:plain

 

 

 

 

70代くらいのおっちゃんがカウンターの中でぐつぐつ鍋でもつ串を煮込んで客に提供する老舗ならではのスタイルのお店だ。

 

 

 

 

 

おっちゃんはだいたい客から注文がこないときは椅子に座ってタバコをふかしながらカウンターのお客さんと談笑している。

 

 

 

 

 

 

 

その光景がわたしは大好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

午後3時を少し過ぎたころ、のれんをくぐり入店する。

 

 

 

 

 

 

 

間髪入れずおっちゃんはきさくに

 

 

 

 

 

 

 

「いらっしゃい、今日は飲み物なんにする?」

 

 

 

 

 

 

 

と尋ねてくる。

 

 

 

 

 

 

 

顔を覚えてくれていたんだとこみ上げる嬉しさを抑えカウンターに座る。

 

 

 

 

 

 

 

横にいる常連客は

 

 

 

 

 

 

 

「マスター、最近体調は大丈夫?」

 

 

 

 

 

 

 

と聞いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしはこれが言いたかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

行きつけの居酒屋の店主をマスターと呼ぶこと、それこそがわたしにとっての大人の階段のひとつだったのだ。

 

 

 

 

 

段数にして3段くらいだろうか。 

 

 

 

 

 

わたしはマスターチャンスを今か今かと伺っていた。

 

 

 

 

 

 

 

飲んでいた瓶ビールが空になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「っんまっ」

 

 

 

 

 

 

 

と言い、喉が急ブレーキをかけた。

 

 

 

 

 

 

 

もつの味の素晴らしさに感嘆しているみたいになった。

 

 

 

 

 

深呼吸を一息つく。

 

 

 

 

 

ここはスルーだ。

 

 

 

 

 

 

 

普通に注文し、また機を伺う。

 

 

 

 

 

 

 

そいえば今日の裏メニューはなんだろう・・

 

 

 

 

 

 

 

そのお店はその日の仕入れ状況によって毎日メニューにはない裏メニューが提供される。

 

 

 

 

 

 

 

そのメニューはマスターに聞かなければわからない。

 

 

 

 

 

 

 

もうこれしかないだろ!!

 

 

 

 

 

 

 

絶好の機会をひらめき、鼻をぱんぱんに膨らました。

 

 

 

 

 

 

 

(っま)

 

 

 

(っま)

 

 

 

 

 

 

ソプラノ歌手の発声練習か

 

 

 

 

 

 

どうしても最初の言葉が出てこない。

 

 

 

 

 

 

 

わたしの顔はみるみる赤くなっていった。

 

 

 

 

 

 

 

そのとき、ボランチの常連のおっちゃんの客から素晴らしいアシストを上がってきた。 

 

 

 

 

 

 

「マスターこれおかわり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗じるしかない!これは乗じるしかない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マスター!」

 

 

 

 

 

 

 

マスターは振り返らない

 

 

 

 

 

 

 

「今日なんか裏メニューありますか?」

 

 

 

 

 

 

 

マスターがくるっとこちらを向き

 

 

 

 

 

 

 

「ああ、今日は塩もつ焼きだよ」

 

 

 

 

 

 

 

といつものきさくな表情で答えてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

おれのマスターはマスターには届かなかった。

 

 

 

 

 

 

 

マスターの無駄死にだ。

 

 

 

 

f:id:cobainyashi0815:20170624095537j:plain

 

 

 

塩もつ焼きはとんでもなく美味しかったです。

 

 

 

 

 

マスターに届くことはなかったけど、確実に声帯を震わせマスターと発声した。

 

 

 

 

 

 

 

店をあとにし、チャリに乗り込む。

 

 

 

 

 

 

 

酔いも加わり、充足感だけがわたしを包んだ。

 

 

 

 

 

 

 

その帰り信号待ちの車にチャリで突っ込み相手方にめちゃくちゃ丁寧に申し訳ありませんでしたと謝罪をした。

 

 

 

 

 

 

 

もうワンステップ、わたしは大人の階段を登った。